ボタニストプレミアムのシャンプー解析【成分からわかる特徴】
読者A読者A

ボタニストプレミアムのシャンプーの成分が知りたい!傷んだ私の髪質に合うかしら?

本記事では、このような疑問についてお答えしていきます。

ボタニストプレミアムは、シリーズ累計7,000万本以上売れているBOTANIST(ボタニスト)シリーズから新しく発売された、ラグジュアリーなシャンプーとトリートメントです。

お値段が少し高い分、きちんと商品の効果や成分をリサーチしてから購入の判断をしたいですよね。

そこで今回は、「ボタニストプレミアムのシャンプー&トリートメント成分解析」に加え「ボタニストプレミアムを使うのにオススメな人」について紹介。

ボタニストプレミアムの購入を迷っている方の判断基準になる内容となっています。

本記事の内容

  • ボタニストプレミアムのシャンプー成分解析
  • ボタニストプレミアムのトリートメント成分解析
  • ボタニストプレミアムを使うのにオススメな人

通常のボタニストシリーズを使用してみた経験から、ボタニストプレミアムの成分と比較した解説もしていきます。

 

ボタニストプレミアムのシャンプー成分解析

ボタニストプレミアムのシャンプー成分解析

ボタニストプレミアムのシャンプー(ベルベットモイスト)の成分は以下のとおり。

水、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、ラウレス-4カルボン酸Na、リンゴ酸、加水分解コメタンパク、PEG-30水添ヒマシ油、アズキ種子エキス、コメヌカエキス、クズ根エキス、ダイズ種子エキス、シャクヤク根エキス、イチジク果実エキス、アセロラ果実エキス、アロエベラ葉エキス、ユズ果実エキス、アンズ種子エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、サボンソウ葉エキス、シラカンバ樹皮エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、クロフサスグリ果実エキス、マドンナリリー根エキス、グリセリン、BG、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-65、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルヒドロキシスルタイン、デシルグルコシド、メチルグルセス-20、コカミドMEA、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ジステアリン酸PEG-150、ステアラミドプロピルジメチルアミン、塩化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、エタノール、安息香酸Na、香料

成分表記の前に書いてある成分ほど含有量が多くなります。

一般的にシャンプーの50〜70%は水、洗浄成分が30〜40%、その他数%と言われており、主に洗浄成分を見ることでそのシャンプーの特性がわかります

ベルベットモイストは太め・硬めの髪質の方向けですが、細毛・柔らかめの髪質の方向けのシルキースムースもおおよそ似たような成分です。

ボタニストプレミアムのシャンプーの洗浄成分

ボタニストプレミアムのシャンプーの洗浄成分

シャンプーの洗浄成分

  • ココイルメチルタウリンNa
  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウリルベタイン
  • ラウレス-4カルボン酸Na

「ココイルメチルタウリンNa」は髪や頭皮のダメージケアをしてくれます。タウリンは「細胞膜の安定化や体を正常な状態に保つ」※効果があるのが特徴。

「コカミドプロピルベタイン」や「ラウリルベタイン」はベタイン系の両性界面活性剤で、低刺激・適度な洗浄力があり、コンディショニング性も高いです。

また、「ラウレス-4カルボン酸Na」は弱酸性石鹸系洗浄剤で植物から抽出した成分で、洗浄力が高いのに頭皮には低刺激。コストがかかる成分なので一般的なシャンプーにはあまり使われていないのですが、ボタニストプレミアムには使用されています。さすがプレミアム

出典:J-STAGE「運動時の疲労および運動後の疲労回復に対するタウリン摂取の効果

メイメイ

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの石油系合成界面活性剤は入っていないから、頭皮への強い刺激もなくて安心だね。

ボタニストプレミアムのシャンプーのヘアケア成分

ボタニストプレミアムのシャンプーのヘアケア成分

シャンプーのヘアケア成分

  • リンゴ酸
  • 加水分解コメタンパク
  • アズキ種子エキス、コメヌカエキス、シャクヤク根エキス、イチジク果実エキスなど

「リンゴ酸」は果物に含まれる果実酸で、弱酸性に整える効果あり。

髪のダメージを補修しつつ、ヘアカラーの色持ちやツヤを向上させたり、パーマのウェーブの持ちを良してくれる成分です。

また、ボタニストプレミアムで売りにしている成分が、①「加水分解コメタンパク(お米成分のタンパク質)」と②「アズキ種子エキス、コメヌカエキス、シャクヤク根エキス、イチジク果実エキスなどのエキス(和成分+ボタニカル成分)」の2種類になります。

メイメイ

①は髪のダメージを受けた部分を選択的に補修する成分、②は自然なツヤと頭皮と髪を健康的に仕上げてくれる成分だよ。市販のシャンプーにはあまり入っていないヘアケア効果のある天然の成分が入っているのが嬉しい!

ボタニストプレミアムと通常のボタニストシリーズのシャンプー成分比較

通常のボタニストシリーズは「モイスト」「スムース」「ダメージケア」「スキャルプ」の4種類がありますが、ここでは私が使用したことがある「モイスト」とボタニストプレミアムを比較!

ボタニスト(モイスト)のシャンプーの主な洗浄成分は、①「コカミドプロピルベタイン」②「ココイルメチルタウリンNa」③「ラウロイルメチルアラニンNa」で、①は「低刺激・低洗浄力」②と③は「低刺激・高洗浄力」。洗浄成分はボタニストプレミアムにかなり近いものがあります。

一方、ボタニスト(モイスト)の保湿成分は主にグリセリンなのに対し、プレミアムは様々な植物由来のエキスが使用されており、このあたりが髪の洗い上がりやダメージケアの点でボタニストプレミアムの方がより効果が高いと言える要因となっていますね。

メイメイ

ボタニスト(モイスト)には「セラミド2」などの毛髪補修成分が入っていますが、ボタニストプレミアムは天然由来の「加水分解コメタンパク」などが使用されているため、髪にも優しい洗い上がりでケアしてくれるよ


BOTANIST PREMIUMを試す

ボタニストプレミアムのトリートメント成分解析

ボタニストプレミアムのトリートメント成分解析

ボタニストプレミアムのトリートメント(ベルベットモイスト)の成分は以下のとおり。

水、グリセリン、ジメチコン、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジイソプロピル、ベヘントリモニウムクロリド、アボカド油、セタノール、パルミチン酸イソプロピル、乳酸、加水分解コメタンパク、PEG-30水添ヒマシ油、アズキ種子エキス、コメヌカエキス、クズ根エキス、ダイズ種子エキス、シャクヤク根エキス、イチジク果実エキス、アセロラ果実エキス、アロエベラ葉エキス、ユズ果実エキス、アンズ種子エキス、メドウフォーム-δ-ラクトン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、シラカンバ樹皮エキス、セリシン、ツバキ種子エキス、マドンナリリー根エキス、シロキクラゲ多糖体、コハク酸ジエチルヘキシル、BG、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ステアラミドプロピルジメチルアミン、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、ベヘントリモニウムメトサルフェート、イソプロパノール、ペンチレングリコール、EDTA-2Na、トコフェロール、エタノール、安息香酸Na、香料

ボタニストプレミアムのトリートメントには、メインの成分ではありませんがシリコンが入っています

シリコンが配合されていると「しっとりまとまる」というのが特徴ですが、人によってはベタつきを感じるので、成分解析でトリートメントの特徴を詳しくみていきましょう。

ボタニストプレミアムのトリートメントのシリコン成分

トリートメントのシリコン成分

  • ジメチコン

ボタニストプレミアムのシャンプーはノーシリコンですが、トリートメントにはシリコンが入っているとホームページに表記あり。

しかし、トリートメントの成分を解析してみると、主なシリコンは「ジメチコン」のみとなっており、しかも配合は「グリセリン」の方が多いためシリコンの量は少ないと言えます。

メイメイ

グリセリンも重めの保湿成分だけど、シリコンではないよ。シャンプーがノンシリコンでさっぱりしている分、トリートメントにはグリセリンやシリコンを入れてしっとりするようにバランスを取っているという感じかな。

ボタニストプレミアムのトリートメントのヘアケア成分

ボタニストプレミアムのトリートメントのヘアケア成分

トリートメントのヘアケア成分

  • セテアリルアルコール(乳化安定剤)
  • ジリノール酸ジイソプロピル
  • ヘントリモニウムクロリド(帯電防止の活性剤)
  • アボカド油
  • 加水分解コメタンパク
  • アズキ種子エキス、コメヌカエキス、シャクヤク根エキス、イチジク果実エキスなど

「ジリノール酸ジイソプロピル」はエモリエント効果(潤いを与えてくれる効果)があるため、髪にツヤを与えてくれます

また、シャンプーにも使われている「加水分解コメタンパク」は、髪のダメージを集中して補修

アボカド油」や「アズキ種子エキス、コメヌカエキス」などの天然成分は、しっとり髪をまとめつつ、頭皮や髪の毛を健康的に仕上げる働きをします

ボタニストプレミアムと通常のボタニストシリーズのトリートメント成分比較

ここでも私が使用したことがあるボタニスト(モイスト)とボタニストプレミアムのトリートメントの成分比較します。

どちらもシリコン入りですが、モイストを含めた通常のボタニストシリーズは「ジメチコン」の他に「ビスセテアリルアモジメチコン」などのシリコンが配合されており、かなりの高濃度シリコントリートメントです。

このため、通常のボタニストシリーズだとドライヤー後に髪の毛がベトつくという人が結構いるのですが、ボタニストプレミアムはシリコンを極力抑えた配合なので、べたつきはしづらいと考えられます。

また、ボタニスト(モイスト)はマカデミアナッツ油などの天然成分は入っているものの、トリートメントにおけるボタニカル成分の種類や含有量は少ない一方で、ボタニストプレミアムはダメージ補修・ツヤ出し効果がある天然由来の成分が多く含まれているのが特徴

メイメイ

さすがプレミアムという名前だけあって、通常のボタニストシリーズより天然由来の髪に優しいヘアケア成分が多く含まれているね。

ボタニストプレミアムを使うのにオススメな人

ボタニストプレミアムを使うのにオススメな人

ボタニストプレミアムはこんな人にオススメ。

  • 毛先をまとめたい人
  • 手触りよくサラッとした指通りを目指している人
  • 通常のボタニストシリーズでは髪の毛がべたつく人
  • 通常のボタニストシリーズでは髪のダメージをカバーしきれない人
  • なるべく自然な成分の配合が高いシャンプーとトリートメントを使いたい人

ボタニストプレミアムは7つの無添加(シリコン(シャンプーのみ)、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、サルフェート、ナノマテリアルフリー)で、さらに植物由来の成分が髪のダメージをケアしてツヤを与えてくれます。

そのため、少し高くても髪に優しい成分のシャンプーとトリートメントで髪のダメージケアやツヤ感が欲しい方にぴったりの商品

メイメイ

「通常のボタニストシリーズでは満足できなかった人にこそ試して欲しい」というコンセプトで開発されているため、髪への効果はかなり期待できるね。

「ボタニストプレミアムのシャンプー解析(成分からわかる特徴)」まとめ

「ボタニストプレミアムのシャンプー解析(成分からわかる特徴)」まとめ

ボタニストプレミアムは通常のボタニストシリーズと比べると約2倍の価格なので、決して安いとは言えません。

ですが成分解析により、価格分以上の効果が期待できるので、コスパは良いと言える商品です

BOTANIST公式ページへ

ボタニストプレミアムラインの口コミと評判が知りたい方は下記に詳細を記載しています。


\楽しい主婦ブログがたくさん/
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ